裁判所のトイレに火をつけたとして弁護士を起訴 

  • 2017.06.29 Thursday
  • 07:44

JUGEMテーマ:弁護士

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 
品なの滝2.jpg

 

 

今年1月に,東京都千代田区霞が関にある東京地裁・高裁庁舎内のトイレで,トイレットペーパーに火を付けてペーパーホルダーを燃やしたなどとして,東京地検は27日,男性の弁護士(34歳)を器物損壊罪と威力業務妨害罪で起訴した(http://www.asahi.com/articles/ASK6W5D2BK6WUTIL02Q.html 朝日新聞デジタル「裁判所のトイレに火をつけた罪、弁護士を起訴 東京地検」2017年6月27日)。

 

「なぜ火を付けたのに放火にならないの?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれないが,放火の罪は客体が「建造物,汽車,電車,艦船又は鉱坑」に限定されている。

 

火を放ってそれ以外のものを燃やした場合は,そのものの効用が害された場合に器物損壊罪が成立するに過ぎない。

 

なお,検察が本件に威力業務妨害罪が成立すると判断したのは,火を放ったことによって裁判所の職員が消火活動などへの対応を余儀なくされ,本来の職務が妨害されたと判断したからであると思われる。

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 





 
  

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM