「撤回」すればよいのか?

  • 2017.06.30 Friday
  • 09:01

JUGEMテーマ:弁護士

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 
品の滝4.jpg

 

 

最近,政治家等が不穏当な発言をすると,発言を撤回するのしないの,撤回したからよい,よくないという話題になる。

 

そもそも発言を取り消すとか撤回するなどというが,そこに言う取消と撤回は同じような意味で使われている。

 

だが,法律用語でいう取消と撤回は意味がはっきり異なる。

 

詐欺や強迫による意思表示は取り消すことができる。

 

取消とは,このように瑕疵(かし)があり不確定なものを,初めにさかのぼって確定的に無効なものとする意思表示である。

 

一方,撤回とは,有効な賃貸借契約を貸主・借主両者の合意によって解約するように,完全に有効だったものを今後将来に向かって効力がないものとすることである。

 

この用語の意味に従えば,政治家が発言を撤回しても,その発言はそれまでは完全に有効だったのだから,何ら問題は解決されていないこととなる。

 

これは法学部の学生が1年生で習う法律の常識だが,政治の世界では通用しない常識のようだ。

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 





 
  

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM