管外旅行届

  • 2018.06.04 Monday
  • 16:47

JUGEMテーマ:??不思議な話??

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 
 

 

 

 

 

 

しぇるぱさんのブログの「外泊届」という記事(http://sherpaland.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-6465.html​ お知らせと返信&世間話 2018年5月21日)を拝見して思い出した話だが,昔は,検事が私用で管外(広島地検の場合だったら広島県外)に出る場合は,行き先を記載した「管外旅行届」というものを提出することを義務づけられていた。

 

検事の場合,重要事件発生,死体解剖立会などいつ何時仕事が発生するか分からない。

 

あのころは固定電話と公衆電話しか連絡の取りようがなかったから,所在を把握しやすいように管外旅行届を出すことを義務づけていたのだろう。

 

時代が変わり,携帯電話やインターネットの普及で,どこにいても連絡を取ることは容易になった。

 

たぶん今は管外旅行届など廃止されているだろう。

 

だが,逆に言えば,365日24時間常に連絡が付くため仕事から解放されない訳だから,昔にも増して大変な仕事ではある。

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 





 
  

 

 

 

コメント
しぇるぱです。
ご紹介いただいてありがとうございます。
外泊届などと、大袈裟に打ち出したのは、ギャグでした。

実際に職業上の制限があって、把握が効くように、外泊届の制度があったとは、聞けば引き締まります。

ギャグと制限とでは、落差が激しいです。
自由な身分での外泊届を出してみることも、今では可能です。
しぇるぱさん
コメントありがとうございます。
そのちょっとしたアイデアのお陰でブログを書くことができました。
いつも博学ぶりに感心いたしております。
今後ともよろしくお願いいたします。
昔は出張に行くと、連絡つかず、自由に行動できました。
ところが携帯が普及し、海外にもつながるようになり、当時サラリーマンの私は、首輪をつけられているように感じたものです。
既に形骸化していると思いますが、管外旅行届という表現だけは残っているかも知れませんね。
割とその類いの例を見ます。
Left Aloneさん
コメントありがとうございます。
ある意味使われて側には自由がありましたね。
今はいつ携帯が鳴るだろうとびくびくしている人も多いのではないでしょうか。
便利すぎると困ったこともあるものです。
管外られんです
  • Д僖
  • 2018/06/05 5:38 PM
Д僖僂気
管外深いコメントありがとうございます。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM