司法試験予備試験で出題ミス

  • 2018.06.16 Saturday
  • 11:04

JUGEMテーマ:旧司法試験

 

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 
 

 

 

 

 

 

昔の司法試験短答式試験には,ゼロ回答というのがあった。

 

例えば,「次のうち正しいものを選べ」という問題で,選択肢が5つあるのだが,全てが誤りということがあった。

 

何とも意地悪な出題だったが,時代は変わり,これは単なる出題ミスだった。

 

5月20日に行われた司法試験予備試験(法科大学院を経ずに司法試験の受験資格を得られる試験)の短答式試験で出題ミスがあった。  

 

一般教養科目の問題で,選択肢の年代の表記が誤っていたため,正解の選択肢がなくなってしまったという(http://www.yomiuri.co.jp/national/20180615-OYT1T50108.html YOMIURIONLINE「正解の選択肢ない!司法試験「予備試験」でミス」2018年6月15日)。

 

平成28年に出題ミスがあった際には,その問題を選択した人全員が正解とされたそうだ。

 

今回も同様の措置が取られるとすると,3点増える人がいるため合格者が増加するらしい。

 

ツキも実力のうちとは言うが,そんなことで法曹界を担う人物が左右されてよいのか疑問も感じる。

 

  

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 11:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    大学の入試でも時々ミスがありますが、問題を作った人でない人が、問題を解かないのでしょうか。そうすれば防げるように思いますが。
    まあ、解かなかったら困るので誰もやらないのかもしれませんね。
    • やんじ
    • 2018/06/17 8:19 AM
    やんじさん
    コメントありがとうございます。
    いつも外部からの指摘によって分かるようですね。
    内部の人は,あの高名な先生が作ったのだから間違いないという先入観があるのでしょう。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

    弁護士ブログランキング

    無料カウンター

    ここから楽天でお買い物ができます

    ここからアマゾンでお買い物ができます

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM