国選弁護人である弁護士が被告人の親族から現金を受け取ったことが懲戒処分相当とされた事例

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 00:02

JUGEMテーマ:弁護士

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

黒瀬菅田からの朝の風景2

 

 

 

呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「黒瀬菅田から朝の風景」

 

 

 

 

 

 

 

 

日弁連の8月1日付け公告によると,自らが国選弁護人に選任された刑事事件の被告人の長男から,2回にわたり現金合計6万円を受領した弁護士が,弁護士としての品位を失うべき非行に該当するとして,戒告の懲戒処分を受けた。

 

弁護士職務基本規定49条1項は,「弁護士は,国選弁護人に選任された事件について,名目のいかんを問わず,被告人その他の関係者から報酬その他の対価を受領してはならない。」と定めている。

 

日弁連の解説本によると,「(国庫から報酬の支払いを受ける)国選弁護人が被疑者及び被告人から弁護活動の対価を受領することは,国選弁護人全体の職務の公正さを疑わせ,ひいては国選弁護制度の公正さを害するに至るものとなって制度の趣旨に反することから」,禁止しているとのことである。

 

前記の弁護士が被告人の長男から現金を受領した経緯は不明であるが,弁護士職務基本規定49条1項に違反していることは明らかである。

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

コメント
国選弁護人として初めて、途中から国選でなく、個人から依頼された弁護士となって、国選弁護人としての報酬を断ってもダメなんですか?
弁護士をよく知らず、国選弁護人を頼んでその人が良かったから、個人的に弁護を依頼するのは。
  • やんじ
  • 2018/08/21 6:37 AM
やんじさん
コメントありがとうございます。
これ,難しい問題ですが,途中から私選弁護人になれば報酬を受け取ることはできます。
ですが,私は,一旦国選で受任した事件を私選で受けることはしません。
それは本文中に書いた制度の趣旨からです。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM