刑事事件についてのみ台風による期日取消が検討された理由

  • 2018.09.01 Saturday
  • 10:58

JUGEMテーマ:裁判

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

ある日の広からの夕焼け雲.jpg

 

 

  

 

呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「ある日の広の夕焼け雲」

 

 

 

 

 

来週は台風21号が広島に接近することが予定されている。

 

私は民事事件も刑事事件も予定が入っているが,そのうち5日に開かれる予定の刑事事件の担当書記官から,昨日,「台風の接近が予想されますが,期日はどうしましょうか? 先生が無理ということであれば取消にしたいと思いますが。」という確認の電話がかかって来た。

 

民事事件の担当書記官からは特段の連絡はなかった。

 

民事事件は,出頭するのは原・被告や申立人・相手方とそれらの弁護士だけであるから,当日になって延期を決定してもさほど問題ない。

 

しかし,刑事事件においては,公判を開くのであれば,留置施設にいる被告人を裁判所まで押送してもらわなければならないし,開かないのであれば押送が不要である旨事前に連絡する必要がある。

 

そのため,刑事事件についてのみ期日取消の要否が検討されたものと思われる。

 

期日を取り消すことは,被告人の身柄拘束期間が延びるだけであるから,私は,「私は何大丈夫です。何としてでも出頭します。」と答え,結論としては来週また検討することとなったが,実際問題台風が接近して被告人の身柄押送に問題が生じるようであれば期日は取消にせざるを得ないだろう。

 

果たしてどうなるのだろうか?

 

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM