国選弁護人である弁護士が,自らを私選弁護人に選任するよう被告人に働きかけて私選弁護人に切り替えさせた行為が懲戒相当とされた事例

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 13:50

JUGEMテーマ:弁護士

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

黒瀬菅田からの朝の風景2

 

 

 

呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「黒瀬菅田から朝の風景」

 

 

 

 

 

 

 

 

日弁連の9月1日付け公告によると,自らが国選弁護人に選任されていた刑事事件の被告人に対して,自らを私選弁護人に選任するよう働きかけ,所属弁護士会の定める所定の手続によらずに私選弁護人切り替えさせた弁護士が,弁護士法56条1項の弁護士としての品位を失うべき非行に該当するとして,戒告の懲戒処分を受けた。

 

弁護士職務基本規定49条2項は,「弁護士は,国選弁護人に選任された事件について,被告人その他の関係者に対し,その事件の私選弁護人に選任するよう働きかけてはならない」と定めている。

 

お金がない人のために,国庫から報酬の支払いを受けて活動する国選弁護人の制度を設けた以上,その対象となった被疑者,被告人に対して,国選弁護人の報酬より一般的に報酬が高額となる私選弁護人に選任するよう働きかけて切り替えさせることは,国選弁護人全体の職務の公正さを疑わせ,ひいては国選弁護制度の公正さを害するに至るものとなって制度の趣旨に反することから禁止しているものと思われる。

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM