「被告 広島地方検察庁検事正」という訴訟

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 17:04

JUGEMテーマ:裁判

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

小坪〜仁方の海岸より.jpg

 

呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「小坪〜仁方の海岸」

 

 

 

 

 

 

 

 

今日,広島家庭裁判所の廊下にある掲示板に,「被告 広島地方検察庁検事正」と表示されている訴訟があった。

 

ただこれは,広島地検検事正が個人的に訴えられたものではない。

 

家庭裁判所に管轄がある事件では,場合によっては死者を被告として提訴しなければならない訴訟がある。

 

例えば,死後認知を求める訴訟などだ。

 

だが,死者は訴訟活動をすることができない。

 

そこでこのような場合,検察官が被告役となり,原告は検察官を相手取って訴訟を提起することになる。

 

検察庁法5条は,「検察官は,(中略)公益の代表者として他の法令がその権限に属させた事務を行う。」と定める。

 

検察官が「公益の代表者」と呼ばれるゆえんである。

 

ただ,実際には,掲示板に表示されているとおり検事正が法廷に立つことはなく,下っ端の検事が法廷に立つ。

 

上下社会であることも検察の特色である。

 

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 17:04
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    検察官も公務員、この世界では「トカゲの尻尾切り」が得意技ですね。
    でもまあ、このケースでは荷物を背負わされるだけで、切られるわけではないのが救いだと思います。
    浮沼亭の気まぐれ放談さん
    コメントありがとうございます。
    この場合,私的訴訟について捜査を行う訳に行きませんし,検察官も当事者の事情は分かりませんから,ひたすら「不知」と答弁して原告が立証を行うのを待つことになります。
    刑事裁判と違って負けることに問題はありません。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

    弁護士ブログランキング

    無料カウンター

    ここから楽天でお買い物ができます

    ここからアマゾンでお買い物ができます

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM