裁判官も殴られる時代だが・・・。

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 16:13

JUGEMテーマ:裁判

 

ランキングに参加しています。

あなたのワンクリックが1ポイントになります。

 

この下の「広島ブログ」と「弁護士」をポチッと応援よろしくお願いいたします。<(_ _)>

 
広島ブログ

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 

 

 

 

 

 

 

 

灰ヶ峰からの眺め

 

 

 

 

 

 

呉鳥人〜くれとりびとさんのブログより「灰ヶ峰からの眺め」

 

 

 

 

裁判官が殴られたというのは確かに物騒なニュースだが(https://www.asahi.com/articles/ASLB942LHLB9UTIL00N.html 朝日新聞デジタル「裁判官を地裁トイレで殴った疑い 容疑の女を逮捕」2108年10月9日),検事だって事件関係者に暴力を振るわれてけがをさせられたことがあったし,弁護士に至っては事件関係者などに殺されたり,性器を切断されたりしているのであるから,我々に言わせれば,裁判官ほど安全な職業はない。

 

この業界に入れば,場合によっては生命・身体に危害が及ぶ可能性があることは誰もが承知で職務に従事しているのであるから,裁判官が身の安全(=保身)ばかり考えていたら,市民に開かれた裁判など行える訳がないと思う。

 

今,分限裁判で話題となっている岡口基一裁判官の持論は,「裁判官はドンドン外に出るべきだ。」である。

 

市民感覚が分からない裁判官に市民の気持ちを酌み取った裁判などできないからだ。

 

市民感覚を取り入れようとした岡口裁判官は,裁判所という組織の内部でいわば殴られ,そうでない裁判官?は裁判所のトイレで殴られる。

 

生きにくい世の中であることは確かなようだ。

 

 

 
企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)〜の高スペックレンタルサーバーヘテムル
 

 



 
  

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Facebook友達の方は初回相談無料で対応させていただきます。

弁護士ブログランキング

無料カウンター

ここから楽天でお買い物ができます

ここからアマゾンでお買い物ができます

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM